運転資金 とは / 三田会計事務所

三田会計事務所 > 会社設立に関するキーワード > 運転資金 とは

運転資金 とは

  • 資金調達の種類

    運転資金や設備資金が必要になる際に自己資金だけで賄えない状況は当然発生します。そうした場合には資金調達を行うことになります。資金調達の種類としては、一般的によく利用される「金機関からの借入」の他「日本政策金融公庫からの融資」や行政からの「補助金・助成金」といったものがあります。 ・金融機関からの借入銀行や信用金庫...

  • 運転資金とは?必要性と計算方法

    運転資金とは、経営に必要な資金のことを指します。もし、万が一運転資金が足りないと、売掛金や受取手形などの売上債権が回収できなかった時に、債務の支払いが滞ってしまう、水道光熱費が払えなくなる、事務所の家賃が払えなくなる等の事態を引き起こし、最悪の場合、経営破綻という事態にすら陥ってしまうため、運転資金を十分に確保す...

  • 会社設立の流れ

    発起設立とは、株式会社の設立を企画し定款に署名する者である発起人が、株式会社の設立に際して発行する株式である設立時発行株式の全部を引き受けるものをいいます。そして、募集設立とは、発起人の他に、設立時発行株式を引き受けるものを募集するものをいいます。 まず、発起設立は、発起人が定款を作成し(会社法26条)、発起人に...

  • 会社の種類

    まず、直接責任とは、社員が会社債務につき会社債権者に対して直接に弁済する責任を負う場合をいい、間接責任とは、社員が会社債務につき会社債権者に対して直接に弁済する責任を負わない場合をいいます。株式会社または合同会社の社員は、会社の債権者に対して直接に責任を負わないため、間接責任であり、他方、合名会社または合資会社の...

  • 資金調達を税理士に依頼するメリット

    その他にも、金融機関への紹介を税理士から行うことは資金調達成功の可能性を大きく引き上げます。融資の際に窓口に直接赴いた場合には、どのような人物か把握しかねるため銀行の信用が得られないことがあります。一方で税理士からの紹介によって融資の申し込みを行うことで初めからある程度の信頼を得ることができます。このように税理士...

  • 日本政策金融公庫とは

    日本政策金融公庫での融資を受ける際でもやるべきことは基本的に他の金融機関と変わりません。審査に通るために必要なものを揃え説得力のある事業計画を用意しておくことがカギになります。審査自体が甘く行われるわけではない為、こうした容易に関しては徹底して行っておくことが求められます。 三田会計事務所は中央区、渋谷区、品川区...

  • 資金調達の役割と目的について

    1つ目は運転資金、2つ目は設備資金と呼ばれるものです。また、これらに加えて万が一に備える余分資金といったものも存在しています。・運転資金材料を仕入れて、支払いを行った場合には、材料への支払い時期とその材料によって作られた商品を売るまでの時間に差が生じます。このように会社が営業活動を行っていく際にはこのずれを埋める...

  • 事業承継計画の策定

    事業計画とは、今後の経営をどのように行っていくかの計画になります。この事業計画は、経営の指針となることはもちろんのこと、融資を受ける際にも審査書類の一つとして提示を求められる場合があるため、確実丁寧な事業計画を作成する必要があります。 事業計画を税理士と一緒に作成することによって、次のようなメリットがあります。

  • 税務調査対策について

    税理士は、税務調査の対策として税務対策が来ないように決算書や確定申告書の作成を行うことはもちろんのこと、税務調査が仮に来てしまった場合にも、立ち合いを依頼することが出来ます。税理士に税務調査対策を依頼することで、次のようなメリットがあります。 ・税務調査が来た際にも、専門家である税理士が立ち会うので、税務署の職員...

  • 記帳代行業務

    記帳代行業務とは、毎日の取引の記録を税理士が代わりに記帳をする業務のことを言います。この記帳代行業務を税理士に依頼することによって、次のようなメリット、デメリットがあります。 ●メリット・基調を税理士が行うため、業務の効率化を図ることが出来る・専門家である税理士が記帳を行うため、記帳のミスが少なくなる・記帳から税...

  • キャッシュフローとは

    「キャッシュフロー」とは、会社の資金が人間でいう「血液」だとしたら、「血液の循環」のようなものです。血液である資金が潤沢であっても、その資金が上手に回っているか回っていないかで会社の経営状態は大きく変わってきます。キャッシュフローが悪化すると、資金が潤沢にあったとして、経営状態が黒字であったとしても倒産するいわゆ...

  • 品川区の会社設立は税理士・公認会計士に相談ください

    登記とは、法務局で「法的に会社として登録をする」という手続きになります。この登記という手続きが完了すると、法的に「会社の存在」が認められるようになります。登記をする際には、「定款」と呼ばれる会社の根本の決まりとなるものを作成すること、当期に必要な書類を整える、当期に必要な費用を納付するといったことが必要になります...

  • 事業計画書の書き方

    ゆえに、事業計画書の作成は1人で行ったり、第三者に代行を依頼したりすることは難しく、協力者の意見やアドバイスを考慮しながら推敲していくことが望ましいです。特に、内容の根拠となる各種数値情報は、理論に穴がないよう、作成者が深く理解していることが求められます。 三田会計事務所は中央区、渋谷区、品川区、港区を中心に東京...

  • 資金がショートしそうな時の対策

    それでも回避できない資金ショートの危機においては、運転資金を確保するために入金サイトを縮め、支払いサイトを伸ばすよう取引先と交渉する、既存の債権を売却して現金に換える、コストカットをするなど、個々の会社の財務状況や業界、取引環境などに応じて可能な限り多くの策を打ち出すことが求められます。 資金ショートしそうなとき...

  • 品川区の創業融資の審査を通すには

    創業融資に際しては、個人や企業で一般的に行われている資金の貸し付けとは異なる観点で、返済可能性を審査されます。まずは、自己資金です。借入額に対する自己資金の割合が低ければ、返済の難易度は上がります。また、自己資金をどの程度集めているかは、借主が事業開始にかけてきた姿勢を伝える要素にもなります。 次に事業の将来性で...

  • 法人化(法人成り)するメリット・デメリット

    法人化・法人成りとは、個人事業主が株式会社や合同会社などの法人を設立し、事業を法人に変更することを指します。法人化・法人成りには、節税効果などの様々なメリットがあります。近年、会社設立の際の最低資本金制限が撤廃されたこと、役員数の規制も緩和されたことを受け、多くの個人事業主様が法人化・法人成りを行い、そのメリット...

  • M&Aとは~メリット・手法・流れ~

    M&Aとは、Merger(合併)and Acquisitions(買収)の略で、「会社あるいは経営権の取得」という意味です。つまりは、企業が合併・買収を行い、2つ以上の会社が一つになったり、ある会社が他の会社を買ったりすることを指します。この記事では、M&Aのメリットやその手法についてご説明します。 ■M&Aのメ...

当事務所が提供する基礎知識

  • 赤字決算となった場合の法...

    赤字決算とは、支出が収入を上回っており利益が発生していない状態のことです。真面目に経営を行っていても赤字決算を出してしま...

  • 法人税の繰越欠損金の基礎...

    法人の経営をされている方であれば、損益計算書の数値と向きあうことが多いでしょう。そして赤字で決算を終えてしまうと、「ステ...

  • 会社設立後に必要な届出

    株式会社は設立の登記により成立しますが(会社法25条1項、49条)、手続はこれで終わりというわけではなく、まだ届け出をす...

  • M&Aとは~メリ...

    M&Aとは、Merger(合併)and Acquisitions(買収)の略で、「会社あるいは経営権の取得」という意味で...

  • 事業計画書とは

    事業計画書は創業者の略歴や取引先の状況、資金調達方法、事業の将来予測といった様々な項目を記載し事業を客観的な目線から見る...

  • 決算書や確定申告書類の作...

    税理士に決算書や確定申告書類の作成を依頼することで、次のようなメリットがあります。 ・業務の効率化を図ることが...

  • 決算月を変更するメリット...

    「会社設立にあたり事業年度を決める必要があるが、いつがよいのだろうか」、「よくわからないまま、とりあえず多くの会社と同様...

  • 会社の種類

    会社法上の会社には、株式会社と持分会社の2つの類型があり、持分会社には、合名会社、合資会社、合同会社があります(会社法2...

  • 個人事業主が法人成り(法...

    事業が軌道に乗ってきた個人事業主の方の中には、法人成りを検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。法人成りはメリ...

  • キャッシュフローとは

    「キャッシュフロー」とは、会社の資金が人間でいう「血液」だとしたら、「血液の循環」のようなものです。血液である資金が潤沢...

よく検索されるキーワード

代表者紹介

代表者紹介
三田 裕也(さんた ゆうや)
ご挨拶

経営者が事業を行っていくうえでは様々な問題に直面します。

特に経理を代表とするバックオフィス業務に関しては、


  • 担当する従業員を雇う余裕がない
  • 突然従業員が辞めてしまった
  • そもそも経理のことが分からない

…と、悩ましい問題が常に付きまといます。


そんな経営者の悩みを解決し、経営者の良きパートナーとして会社の発展に貢献したい!との思いから当事務所を設立致しました。

会計事務所として、税務・会計のサポートはもちろんのこと、経営者様にとっての良き相談相手として、経営上の様々なご相談にお応え致します。

事務所概要

事務所名 三田会計事務所
代表者 三田 裕也(さんた ゆうや)
所在地 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-3-5 天翔日本橋人形町ビル3F
電話番号 TEL:03-6822-6560
対応時間 10:00~18:00 ※事前予約で時間外も対応可能です
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で時間外も対応可能です

ページトップへ