【中小企業向け】設備投資の際に利用できる補助金 / 三田会計事務所

三田会計事務所 > 資金調達(バックオフィス支援) > 【中小企業向け】設備投資の際に利用できる補助金

【中小企業向け】設備投資の際に利用できる補助金

現金や有価証券などの流動資産は、流動性は高いですが収益性はそれほど大きくはありません。

そのため、事業を拡大し収益性を伸ばしていくためには設備投資が必要不可欠です。

しかし、特に中小企業の場合、設備を購入するための手持ちのキャッシュが不足しており、資金繰りなども考えると中々設備の購入に踏み切れないというケースもあることでしょう。

ここでは、中小企業が設備投資の際に活用できる補助金についてみていきましょう。

中小企業が設備投資の際に利用できる補助金

補助金は国や自治体毎に設けられた制度です。

ここでは国の制度にフォーカスしていきましょう。

国が行っている補助金には、以下のようなものがあります。

 

ものづくり補助金

革新的なサービス開発・プロトタイプ開発・生産現場の効率性の改善に必要となる設備投資を支援する制度です。

上限金額は、どの枠に申請したか、類型・従業員数に応じて定められています(750万円~4,000万円)

<要件>

具体的には、3年から5年の事業計画を作成しており、それが次の要件を満たしている必要があります。

・事業計画期間において、給与支給総額を年率平均1.5%以上増加

・事業計画期間において、事業場内最低賃金を、毎年、地域別最低賃金+30円以上の水準とする

・事業計画期間において、事業者全体の付加価値額を年率平均3%以上増加

なおこれらは基本要件であり、申請する枠や類型により追加で要件が発生します。

 

持続化補助金

新規販路の開拓、生産現場の能率性アップのための機械装置費、広報費、店舗改装費などにかかる費用を支援します。

発生した費用の2/3(賃金引上げ枠の赤字事業者は3/4)が支援の対象です。

補助上限額は、通常枠 50万円、特別枠 200万円です。

ただし、免税事業者から適格請求書発行事業者に転換する場合、補助上限額に50万円が加算されます。

<要件>

・常時使用する従業員が20人(商業・サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)の場合は5人)以下の法人または個人事業主

 

業務改善助成金(中小企業最低賃金引上げ支援対策費補助金)

生産現場の効率性アップのための設備投資などを行っておりかつ、職場内の最低賃金を一定額以上引き上げた事業者に対して、設備投資などの経費の一部を支援する制度です。

上限額は、賃金をどれくらい引き上げたかや、従業員の数によって変わります。

最大で600万円が支給されます。

<要件>

・事業場内の最低賃金と地域ごとの最低賃金の差額が30円以内の事業者

 

設備投資に関する補助金のご相談は三田会計事務所におまかせください

中小企業が設備投資の際に活用できる補助金は多く存在します。

事業を運営しながら補助金申請のための事務手続きをするとなると億劫になってしまうこともあると思います。

活用を検討されている方は、専門家である税理士・会計士に相談することをお勧めします。

三田会計事務所では、中小企業の補助金申請の支援経験が豊富なスタッフが在籍しております。

補助金申請でお悩みの中小企業の皆様は、お気軽にお問い合わせください。

当事務所が提供する基礎知識

  • 運転資金とは?必要性と計...

    運転資金とは、経営に必要な資金のことを指します。もし、万が一運転資金が足りないと、売掛金や受取手形などの売上債権が回収で...

  • 品川区の会社設立は税理士...

    会社を設立する際には、様々な手続きが必要になってきます。具体的には、「登記」、「税務会計」の手続きが必要です。 ...

  • 資金調達の種類

    運転資金や設備資金が必要になる際に自己資金だけで賄えない状況は当然発生します。そうした場合には資金調達を行うことになりま...

  • 事業承継計画の策定

    事業計画とは、今後の経営をどのように行っていくかの計画になります。この事業計画は、経営の指針となることはもちろんのこと、...

  • 事業計画書とは

    事業計画書は創業者の略歴や取引先の状況、資金調達方法、事業の将来予測といった様々な項目を記載し事業を客観的な目線から見る...

  • 税務調査の対象となる法人...

    税務調査は税務官公署が法人又は個人事業主、個人に納税における帳簿などに問題がないか、ということを調査することをいいます。...

  • 顧問税理士が対応できる業...

    顧問税理士が対応できる業務は多岐にわたります。「記帳代行」から「決算対策」、「税務調査の代行」、「経営相談」まで承ること...

  • 合同会社と株式会社|税金...

    新たに会社を設立することを検討する場合、会社の形態をどの形態にするかはその後の経営を左右する重要な要素の一つです。現在日...

  • 資金調達を税理士に依頼す...

    資金調達を行う場合にはその手段として「金融機関からの借入」「日本政策金融公庫からの融資」「補助金・助成金」といったものが...

  • 品川区の創業融資の審査を...

    創業融資に際しては、個人や企業で一般的に行われている資金の貸し付けとは異なる観点で、返済可能性を審査されます。まずは、自...

よく検索されるキーワード

代表者紹介

代表者紹介
三田 裕也(さんた ゆうや)
ご挨拶

経営者が事業を行っていくうえでは様々な問題に直面します。

特に経理を代表とするバックオフィス業務に関しては、


  • 担当する従業員を雇う余裕がない
  • 突然従業員が辞めてしまった
  • そもそも経理のことが分からない

…と、悩ましい問題が常に付きまといます。


そんな経営者の悩みを解決し、経営者の良きパートナーとして会社の発展に貢献したい!との思いから当事務所を設立致しました。

会計事務所として、税務・会計のサポートはもちろんのこと、経営者様にとっての良き相談相手として、経営上の様々なご相談にお応え致します。

事務所概要

事務所名 三田会計事務所
代表者 三田 裕也(さんた ゆうや)
所在地 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-3-5 天翔日本橋人形町ビル3F
電話番号 TEL:03-6822-6560
対応時間 10:00~18:00 ※事前予約で時間外も対応可能です
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で時間外も対応可能です

ページトップへ