決算月を変更するメリット・デメリットとは?注意点はある? / 三田会計事務所

三田会計事務所 > 税務相談 > 決算月を変更するメリット・デメリットとは?注意点はある?

決算月を変更するメリット・デメリットとは?注意点はある?

「会社設立にあたり事業年度を決める必要があるが、いつがよいのだろうか」、「よくわからないまま、とりあえず多くの会社と同様に3月決算で現在は運営しているが、このままでよいのだろうか」。

法人を経営されている皆様の中には、このような悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

事業年度や決算月をいつに設定するかによって、会社の取引などにも影響が出てきます。

ここでは、一度定めた決算月を変更するメリット・デメリットや注意点についてみていきましょう。

決算月の変更と注意点

会社は「継続企業の原則」の考えに基づき、永遠に事業を行っていくとされます。

そのため、一定規期間ごとに人為的に期間を定め、会社の財政状態や営業成績、納めるべき税金の額などを算出する必要があります。

その人為的に定めた期間を事業年度といい、事業年度の最終月が決算月となります。

法人の場合、いつを決算月にするかは法人の任意となりますが、一般的には日本企業は3月決算が一番多いです。

ちなみに個人事業主の場合は、1~12月の1年間が事業年度とされます。

 

では、決算月を変更するにはどうしたらよいのでしょうか。

まずは定款において決算月や事業年度が定義されているかを確認します。

その上で決算月を変更するためには、定款に記載されている事業年度を変更する必要があります。

この定款変更のためには株主総会の決議を経る必要があり、承認がおりると変更が実施されます。

登記などは不要ですが、事業年度を変更した場合は、税務署への届けを忘れないように注意しましょう。

決算月の変更によるメリット・デメリット

メリットとしては以下のようなものを挙げることができます。

 

〇節税効果

決算期を変更することによって、利益の多い月の計算を翌年に持ち越すことができます。

また、免税事業者である場合、決算期を変更することで免税期間を延長できる可能性があります。

1事業年度での売上高が1,000万円以上であると課税事業者となりますが、1,000万円を超えた年度を基準に、翌々事業年度から消費税の課税対象者となるのが原則です。

1,000万円を超える売上高が見込まれる場合、事前に決算期を変更することで免税期間を延長することが可能です。

 

一方、デメリットとしては、以下のようなものを挙げることができます。

 

〇財務諸表の期間比較が難しくなる

1年間よりも短い期間での決算を行うため、単純に損益計算書の数字を比較しても業績の評価が難しくなります。

 

〇決算業務が多忙になる

事業年度は通常1年を超えることができないため、決算期を変更する場合は通常よりも短い期間での決算業務を行う必要があります。

短期間で決算処理や申告、納税などの対応が必要となるため、現場の社員の負担が増加する可能性があります。

税務相談は三田会計事務所におまかせください

このように、決算の時期は会社の業績や現場の社員の負担に大きな影響を与えるため、任意で決算月を決定することができる法人の場合は、慎重に決定や変更決定する必要があります。

当事務所では、決算月の変更など税務に関するご相談を承っております。

お悩みの皆様は、三田会計事務所にお気軽にご相談ください。

当事務所が提供する基礎知識

  • 資金がショートしそうな時...

    資金繰りは事業を行う上で欠かしてはならない重要な要素です。特に、売上の減少や事業投資の場面では、資金がショートしないか、...

  • 記帳代行業務

    記帳代行業務とは、毎日の取引の記録を税理士が代わりに記帳をする業務のことを言います。この記帳代行業務を税理士に依頼するこ...

  • 資金調達の種類

    運転資金や設備資金が必要になる際に自己資金だけで賄えない状況は当然発生します。そうした場合には資金調達を行うことになりま...

  • 日本政策金融公庫とは

    日本政策金融公庫は政府が100%出資する金融機関です。そのため役割の中で日本経済成長・発展への貢献や地域活性化への貢献を...

  • 節税対策の方法

    利益が大きくなればなるほど、税金も金額が大きくなっていきます。適切な節税対策をとることで、税務署から目をつけられることも...

  • 法人化(法人成り)するメ...

    法人化・法人成りとは、個人事業主が株式会社や合同会社などの法人を設立し、事業を法人に変更することを指します。法人化・法人...

  • 銀行の融資が打ち切りにな...

    銀行から融資を受ける際に、途中で融資を打ち切られるといった場合もあります。融資を打ち切られる場合は、次のようなことが考え...

  • 合同会社と株式会社|税金...

    新たに会社を設立することを検討する場合、会社の形態をどの形態にするかはその後の経営を左右する重要な要素の一つです。現在日...

  • 資金調達を税理士に依頼す...

    資金調達を行う場合にはその手段として「金融機関からの借入」「日本政策金融公庫からの融資」「補助金・助成金」といったものが...

  • 品川区の創業融資の審査を...

    創業融資に際しては、個人や企業で一般的に行われている資金の貸し付けとは異なる観点で、返済可能性を審査されます。まずは、自...

よく検索されるキーワード

代表者紹介

代表者紹介
三田 裕也(さんた ゆうや)
ご挨拶

経営者が事業を行っていくうえでは様々な問題に直面します。

特に経理を代表とするバックオフィス業務に関しては、


  • 担当する従業員を雇う余裕がない
  • 突然従業員が辞めてしまった
  • そもそも経理のことが分からない

…と、悩ましい問題が常に付きまといます。


そんな経営者の悩みを解決し、経営者の良きパートナーとして会社の発展に貢献したい!との思いから当事務所を設立致しました。

会計事務所として、税務・会計のサポートはもちろんのこと、経営者様にとっての良き相談相手として、経営上の様々なご相談にお応え致します。

事務所概要

事務所名 三田会計事務所
代表者 三田 裕也(さんた ゆうや)
所在地 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-3-5 天翔日本橋人形町ビル3F
電話番号 TEL:03-6822-6560
対応時間 10:00~18:00 ※事前予約で時間外も対応可能です
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で時間外も対応可能です

ページトップへ